ニキビ治療って

ニキビは治療で直せるの?

カテゴリー: にきびは治療で治せる?

皮膚科でニキビ治療

ニキビ治療のために皮膚科に行こうと考えている人もいるでしょう。

しかし、医療機関にあまり慣れていない場合は不安を感じてしまうかもしれません。皮膚科でニキビ治療を始める場合、どのような治療方法があるのか知っておくと良いでしょう。

ニキビの種類や状態、できている場所、肌質、体質、生活習慣などによって最適な治療方法が異なってくるとされています。ニキビというのはすぐに治るものではありませんし、長期的な治療計画を立てる必要があります。

また、場合によってはいくつかの治療方法を組み合わせることもあります。
治療前にはドクターとカウンセリングを受けることになるため、よく話し合って最適な治療を進めていくと良いでしょう。

保険が適用された場合、一般的な負担割合は3割となります。しかし、治療薬にかかる費用だけでなく初診料や再診料などもかかってくるので注意しましょう。

費用についても事前に確認しておくことにより、安心しえて治療を勧められるようになります。保険が適用されるのは薬を使った治療方法です。

外用薬にはニキビの原因菌が増えるのを抑え、毛穴の詰まりを改善する効果が期待できます。
初期のニキビや白ニキビ、黒ニキビ、赤ニキビなどに効果が期待できます。抗菌薬は赤ニキビの効果を発揮してくれますが、塗り薬と飲み薬の2つの種類があります。

皮膚科によっては漢方薬を処方することもあります。漢方薬にはさまざまな種類がありますが、補助的に使用することになるでしょう。

また、専用の器具を使って皮脂や角質などを物理的に除去する方法も保険が適用されます。
保険が適用されない方法としては、ケミカルピーリングがよく知られています。

これはフルーツ酸などの働きで古い皮膚を剥がすという方法であり、ターンオーバーを促してニキビを早く治すことができます。また、レーザー治療やフォトフェイシャル、イオン導入、ホルモン治療などの方法も保険適用外となっています。

ニキビ治療の石鹸を利用する際の注意点とは

ニキビ治療においては、ニキビが毛穴に過剰に分泌された
皮脂が詰まることで発生することから、皮脂を取り除くことが効果的です。

しかしながら、その際に洗浄力が強い石鹸を使うと、ニキビ治療どころか
ニキビが悪化する恐れがあります。

それは、皮脂というのは肌に不要なものではなく、ある程度は
必要なものだからです。

日光に当たる

そもそも、皮脂の役割は細菌等の外敵から肌を守ると同時に、
肌が持っている水分が蒸発しないように、蓋の役割をしています。

もし、皮脂を取り過ぎてしまえば、肌へのダメージが強くなりますし、
水分不足でカサカサの肌になります。

そうした状態では、肌は皮脂不足を補うために皮脂腺を肥大化させて、
さらなる皮脂の過剰分泌を招くのです。

かといって、まったく洗わないとなれば、過剰分泌された皮脂は
そのままになり、酸化して肌の炎症をまねきます。
適度な洗浄力を持つ石鹸を使うことが、ニキビ治療では
重要なポイントなのです。

一時的な

市販されている洗顔用の石鹸は、洗浄力が強い合成界面活性剤を
使わず、肌へのダメージも少ない天然成分から出来ている
製品が多くあります。

入時に、製品の成分表を注意を払えば、失敗を防ぐことが出来ます。

ニキビ治療の局所治療法について

ニキビ治療の局所治療法として注射治療が行われることがあります。

あまり広く知られている治療法ではありませんが、症状が悪化している
ニキビ治療に行なわれる場合があります。

特産品

ですから、激しい炎症を起こしているニキビや何度も同じところに
ニキビができてしこりになってしまっているニキビ、ニキビ跡が
陥没している場合などにニキビ治療の局所治療法として
注射治療が行われています。注射治療法には、
3種類の注射があります。

この3種類の違いを知っておくことで、ご自分にはどういったものが
合っているのかを知ることができると思います。

ヒアルロン酸注射は、ニキビ跡のボコボコしたところを
目立たなくするために注射するもので、一時的な効果で継続しません。

名物

ケナコルト注射は、ステロイドです。激しい炎症にも素早い効果があり、
アトピー治療にも使用されています。

何度も同じ場所にニキビができて、硬くしこりになっている場合にも
効果があります。

プラセンタ注射は、美肌効果も期待できる高い抗酸化作用と
細胞の活性化力が炎症に働きかけ鎮静化します。

注射治療は、熟練したドクターが行うことで効果が得られる
ものなので、治療数を数多く経験しているクリニックでの
施術を受けることをおすすめします。

また、ニキビは生活習慣や食生活を見直すことで
改善されることも多いので工夫が必要です。

にきびやにきび跡を消す治療方法

見直す

にきびやにきび跡を消す治療方法にはピーリングやレーザー治療があります。
ピーリングは酸性の薬剤を肌に塗ることで角質を柔らかくして
剥がれやすくし、ターンオーバーを促進することで肌を綺麗にします。

これはクリニックでの施術だけでなく、外用薬や専用の美容品や
石鹸などでも行うことができます。

ただし、肌への刺激が強いため、自分で行う場合には製品の
注意事項を厳守する必要があります。

レーザー治療では、レーザーによって肌に刺激を与えたり、
軽い火傷の状態にしてターンオーバーを促進します。

これはクリニックなどでなければ行えません。

外側にも

いずれの方法でも少なからず肌への刺激があります。
にきびやにきび跡の状態が酷い場合、効果を高めるために
薬剤が濃くなったりレーザーが強くなるため肌への刺激も強くなり、
治療が終わるまでに赤みなどが出ます。

より早く治すために、注意点は抑えておきましょう。

ニキビ治療に必要な期間とは

順番を待つ

ニキビ治療に必要とされる期間としては、目安となるのは
2ヶ月から3ヶ月間くらいのあいだです。

初期の段階のニキビであれば、ほぼ完全に
完治していることも考えられます。

しかしニキビにも症状のレベルがありますし、体質など
様々な違いもあります。

3ヶ月くらいで、やっと効果が見え始めることも考えられます。
一応の目安として、治療は3ヶ月くらいが、一つの区切りですが、
個人差があるので目安として理解しておくことです。

体質や肌質は、本当に人それぞれです。
改善の期間が、もっと長くなるケースもありますから、注意が必要です。

仲良く並んで

ニキビ治療は基本的に、長期戦となるケースが多いです。

肌のターンオーバーとの兼ね合いもあるので、瞬間的に
治るものではありません。

ニキビの治療には、ある程度の時間が必要になります。
ニキビのために長い治療時間をかけないように、普段から
ニキビができにくい生活を心がけることも大切です。

栄養のバランスと整えて、よく睡眠をとり、スキンケアも
丁寧にするのが王道のケアです。

Powered by WordPress & Theme by Anders Norén