カテゴリー
にきびは治療で治せる? ニキビ治療 病院

皮膚科でニキビ治療

ニキビ治療のために皮膚科に行こうと考えている人もいるでしょう。

しかし、医療機関にあまり慣れていない場合は不安を感じてしまうかもしれません。皮膚科でニキビ治療を始める場合、どのような治療方法があるのか知っておくと良いでしょう。

背中にできる症状の見分け方としては、ニキビは毛穴に対して起こる炎症

ニキビの種類や状態、できている場所、肌質、体質、生活習慣などによって最適な治療方法が異なります。

ニキビというのはすぐに治るものではありませんし、長期的な治療計画を立てる必要があります。

また、場合によってはいくつかの治療方法を組み合わせることもあります。

治療前にはドクターとカウンセリングを受けることになるため、よく話し合って最適な治療を進めていくと良いでしょう。

保険が適用された場合、一般的な負担割合は3割となります。

しかし、治療薬にかかる費用だけでなく初診料や再診料などもかかってくるので注意しましょう。

費用についても事前に確認しておくことにより、安心して治療を勧められるようになります。保険が適用されるのは薬を使った治療方法です。

外用薬にはニキビの原因菌が増えるのを抑え、毛穴の詰まりを改善する効果が期待できます。

初期のニキビや白ニキビ、黒ニキビ、赤ニキビなどに効果が期待できます。抗菌薬は赤ニキビの効果を発揮してくれますが、塗り薬と飲み薬の2つの種類があります。

皮膚科によっては漢方薬を処方することもあります。漢方薬にはさまざまな種類がありますが、補助的に使用することになるでしょう。

補助的な役割

また、専用の器具を使って皮脂や角質などを物理的に除去する方法も保険が適用されます。

保険が適用されない方法としては、ケミカルピーリングがよく知られています。

これはフルーツ酸などの働きで古い皮膚を剥がすという方法であり、ターンオーバーを促してニキビを早く治すことができます。

また、レーザー治療やフォトフェイシャル、イオン導入、ホルモン治療などの方法も保険適用外となっています。

公益社団法人日本皮膚科学会に入っている医者がいる病院でニキビ治療をすれば安心

ニキビ治療には病院がお勧め

ニキビは酷い場合、赤く腫れあがり顔全体に広がることもあります。自分でケアしてもなかなか治らずに、場合によっては悪化することも考えられます。

さらに、そのままにしてしまうと皮膚の表面が傷ついて跡に残ってしまうこともあります。そうなる前にニキビ治療を皮膚科で行いましょう。

皮膚科でのニキビ治療はニキビの状態だけでなく、種類を見分けて適切な治療を行ってくれます。

10代のうちに出来るいわゆる思春期ニキビと、大人になってから出来る大人ニキビは原因もその治療方法も異なってきます。

ニキビの原因

なかなか治らないニキビは、我流でケアするよりもまずは医師に診てもらいましょう。

また、家ではできない治療が受けられるのも魅力です。

例えば、毛穴に詰まった皮脂を取り赤く炎症した部分を治療するためには、ピーリングが有効です。

ピーリングとは肌表面の角質を除去して、脂の排出を促す方法です。自宅でもできますが、病院では専用の協力な薬剤を使って行ってくれます。

もちろん、内服薬やステロイド剤、抗菌剤などニキビの状態に合わせて適切な薬も処方してもらえます。特に内服薬はニキビの原因になるホルモンバランスを整えて、根本から治療する作用があります。

病院の選び方について

ニキビ治療を行う皮膚科を選ぶ目安として公益社団法人日本皮膚科学会に入っている病院を選ぶことをおすすめします。

日本で最も大きい学会で信頼できる病院の目安になります。また、信頼のおける学会に所属しているということは、新しい情報を得たり確かな技術を基に治療を行っていることの証左になります。

さらに、ニキビ治療は場合によって保険が効きます。しっかりとした学会に所属している病院を選ぶと、保険適用の治療をベースに料金についても説明してくれるので、安心して治療を受けることが出来ます。

本格的な治療を受けるためには、まず病院のウェブサイトを確認しましょう。ニキビ治療を項目に挙げていることはもちろんですが、医師が公益社団法人日本皮膚科学会に所属しているかどうかも掲載されています。

下調べする

必ず調べてから病院を選ぶことをお勧めします。目ぼしい病院が見つかったら、電話を入れて予約を取ってから訪ねてみてください。

ニキビ治療を自分でやるには限界がある場合が少なくありません。見た目にも気になりますし、跡に残ると長引いてしまいます。

後悔してしまわないうちに、しっかりとした医師に診てもらって治療に取り組みましょう。

カテゴリー
ニキビ治療 治療への不安や疑問 病院

痛みを帯びたニキビ治療は皮膚科で

思春期になると、男女共にニキビが出来始めます。
小さなニキビであれば、そこまで気にする必要はありません。

なかなか治らないニキビや、痛みを感じるような肌荒れなら、
すぐに皮膚科へ行きましょう。

痛みを感じる

市販の薬よりも、皮膚科でのニキビ治療の方が効果が高いです。
痛みを感じる場合、体からのSOSとなります。

ホルモンバランスの乱れや、胃や腸の不調が原因とも考えられるのです。
自分で治そうとして放置していると、更に悪化してしまう可能性があります。

指で潰してしまうと、ニキビ跡として残ってしまうこともあるのです。
シミのように残ってしまうと、すぐには治りません。

すぐに治らない

肌の細胞を傷つけてしまった場合、クレーターのように
残ってしまうこともあるのです。
このような跡になると、残念ながら皮膚科では治せません。

ニキビ治療は、専門の病院に行く方が良いと言われます。
薬の処方などが一般的ですが、赤みがあるニキビ治療は
点滴が行われる場合もあるのです。