ニキビ治療の石鹸を利用する際の注意点とは

ニキビ治療においては、ニキビが毛穴に過剰に分泌された
皮脂が詰まることで発生することから、皮脂を取り除くことが効果的です。

しかしながら、その際に洗浄力が強い石鹸を使うと、ニキビ治療どころか
ニキビが悪化する恐れがあります。

石鹸が合わない

それは、皮脂というのは肌に不要なものではなく、ある程度は
必要なものだからです。

そもそも、皮脂の役割は細菌等の外敵から肌を守ると同時に、
肌が持っている水分が蒸発しないように、蓋の役割をしています。

もし、皮脂を取り過ぎてしまえば、肌へのダメージが強くなりますし、
水分不足でカサカサの肌になります。

そうした状態では、肌は皮脂不足を補うために皮脂腺を肥大化させて、
さらなる皮脂の過剰分泌を招くのです。

かといって、まったく洗わないとなれば、過剰分泌された皮脂は
そのままになり、酸化して肌の炎症をまねきます。
適度な洗浄力を持つ石鹸を使うことが、ニキビ治療では
重要なポイントなのです。

適度な洗浄力

市販されている洗顔用の石鹸は、洗浄力が強い合成界面活性剤を
使わず、肌へのダメージも少ない天然成分から出来ている
製品が多くあります。

入時に、製品の成分表を注意を払えば、失敗を防ぐことが出来ます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)