思春期になると、男女共にニキビが出来始めます。
小さなニキビであれば、そこまで気にする必要はありません。

なかなか治らないニキビや、痛みを感じるような肌荒れなら、
すぐに皮膚科へ行きましょう。

バランスを保つ

市販の薬よりも、皮膚科でのニキビ治療の方が効果が高いです。
痛みを感じる場合、体からのSOSとなります。

ホルモンバランスの乱れや、胃や腸の不調が原因とも考えられるのです。
自分で治そうとして放置していると、更に悪化してしまう可能性があります。

指で潰してしまうと、ニキビ跡として残ってしまうこともあるのです。
シミのように残ってしまうと、すぐには治りません。

肌の細胞を傷つけてしまった場合、クレーターのように
残ってしまうこともあるのです。
このような跡になると、残念ながら皮膚科では治せません。

有酸素運動

ニキビ治療は、専門の病院に行く方が良いと言われます。
薬の処方などが一般的ですが、赤みがあるニキビ治療は
点滴が行われる場合もあるのです。