ニキビ治療って

ニキビは治療で直せるの?

タグ: 皮膚科

皮膚科でニキビ治療

ニキビ治療のために皮膚科に行こうと考えている人もいるでしょう。

しかし、医療機関にあまり慣れていない場合は不安を感じてしまうかもしれません。皮膚科でニキビ治療を始める場合、どのような治療方法があるのか知っておくと良いでしょう。

ニキビの種類や状態、できている場所、肌質、体質、生活習慣などによって最適な治療方法が異なってくるとされています。ニキビというのはすぐに治るものではありませんし、長期的な治療計画を立てる必要があります。

また、場合によってはいくつかの治療方法を組み合わせることもあります。
治療前にはドクターとカウンセリングを受けることになるため、よく話し合って最適な治療を進めていくと良いでしょう。

保険が適用された場合、一般的な負担割合は3割となります。しかし、治療薬にかかる費用だけでなく初診料や再診料などもかかってくるので注意しましょう。

費用についても事前に確認しておくことにより、安心しえて治療を勧められるようになります。保険が適用されるのは薬を使った治療方法です。

外用薬にはニキビの原因菌が増えるのを抑え、毛穴の詰まりを改善する効果が期待できます。
初期のニキビや白ニキビ、黒ニキビ、赤ニキビなどに効果が期待できます。抗菌薬は赤ニキビの効果を発揮してくれますが、塗り薬と飲み薬の2つの種類があります。

皮膚科によっては漢方薬を処方することもあります。漢方薬にはさまざまな種類がありますが、補助的に使用することになるでしょう。

また、専用の器具を使って皮脂や角質などを物理的に除去する方法も保険が適用されます。
保険が適用されない方法としては、ケミカルピーリングがよく知られています。

これはフルーツ酸などの働きで古い皮膚を剥がすという方法であり、ターンオーバーを促してニキビを早く治すことができます。また、レーザー治療やフォトフェイシャル、イオン導入、ホルモン治療などの方法も保険適用外となっています。

痛みを帯びたニキビ治療は皮膚科で

思春期になると、男女共にニキビが出来始めます。
小さなニキビであれば、そこまで気にする必要はありません。

なかなか治らないニキビや、痛みを感じるような肌荒れなら、
すぐに皮膚科へ行きましょう。

バランスを保つ

市販の薬よりも、皮膚科でのニキビ治療の方が効果が高いです。
痛みを感じる場合、体からのSOSとなります。

ホルモンバランスの乱れや、胃や腸の不調が原因とも考えられるのです。
自分で治そうとして放置していると、更に悪化してしまう可能性があります。

指で潰してしまうと、ニキビ跡として残ってしまうこともあるのです。
シミのように残ってしまうと、すぐには治りません。

肌の細胞を傷つけてしまった場合、クレーターのように
残ってしまうこともあるのです。
このような跡になると、残念ながら皮膚科では治せません。

有酸素運動

ニキビ治療は、専門の病院に行く方が良いと言われます。
薬の処方などが一般的ですが、赤みがあるニキビ治療は
点滴が行われる場合もあるのです。

Powered by WordPress & Theme by Anders Norén