背中ニキビの治療で病院を受診した際に、
主に処方されるのが抗生物質です。

背中ニキビの原因であるアクネ菌を殺菌し炎症を抑えるために
処方されるのですが、一時的に効果はあるものの、
ニキビができない肌にするわけではありません。

赤みがかっている

薬の効果があるのは炎症を起こして腫れあがっているものだけで、
すべてに効果があるとは限りません。

また、長期的な服用により抗体や耐性菌ができて
薬が効きにくくなったり、薬に依存してしまう人も
多いとも言われているます。

継続する

しかし、普段は健康肌で、一時的に炎症を伴うニキビが
できた人に有効な治療手段となるでしょう。

慢性的な背中ニキビを治すには、食生活や生活習慣の改善、
日常的なケアなど根本的な改善を心がけるようにしましょう。