ニキビ治療は皮膚科などで医薬品を処方されたり、
美容皮膚科などでは医療機器での治療をする事もあります。

ニキビ治療のために使用される薬もさまざまで、成分にも違いがあります。
古くから治療薬として多用されてきたものでいえば、硫黄製剤もあります。

殺菌作用に優れており、アクネ菌を撃退する作用が働きます。
使用することで、皮膚の角質を柔軟にします。
その作用によって、毛穴が無駄に詰まることを防ぎます。

日常的に

最も強い作用としてあるのは、皮脂分泌の過剰分泌を抑える効果と共に、
皮膚の表面上を乾燥させるという作用です。

ニキビ抑制のために、この成分の持つ効果は有効であるといえます。
汚れや各線により毛穴が詰まり、古い皮脂などをエサとして、
アクネ菌は増えて、炎症をおこします。

変化が見られる

これが、ニキビ発生のメカニズムです。
その仕組みに照らし合わせてみても、硫黄の成分がニキビに対して、
力強くアタックするのは納得でしょう。

ほかにも、医薬品には何が含まれるか、チェックしてみることです。