見直す

にきびやにきび跡を消す治療方法にはピーリングやレーザー治療があります。
ピーリングは酸性の薬剤を肌に塗ることで角質を柔らかくして
剥がれやすくし、ターンオーバーを促進することで肌を綺麗にします。

これはクリニックでの施術だけでなく、外用薬や専用の美容品や
石鹸などでも行うことができます。

ただし、肌への刺激が強いため、自分で行う場合には製品の
注意事項を厳守する必要があります。

レーザー治療では、レーザーによって肌に刺激を与えたり、
軽い火傷の状態にしてターンオーバーを促進します。

これはクリニックなどでなければ行えません。

外側にも

いずれの方法でも少なからず肌への刺激があります。
にきびやにきび跡の状態が酷い場合、効果を高めるために
薬剤が濃くなったりレーザーが強くなるため肌への刺激も強くなり、
治療が終わるまでに赤みなどが出ます。

より早く治すために、注意点は抑えておきましょう。